アドーラ・スヴィタク 「大人は子供から何を学べるか」

原題:Adora Svitak: What adults can learn from kids
http://www.ted.com/talks/lang/jpn/adora_svitak.html

size :             
神童アドーラ・スヴィタクは、世界には「子供っぽい」考え方が必要だと言います。大胆なアイデア、奔放な創造力、そして何よりも楽観的であること。子供たちの大きな夢は高い期待を受けるにふさわしいものであり、大人は子供に教えるのと同じくらいに、子供からも学ぶようにしてほしいと彼女は言います。
サインインして、このTalkを見たことを記録しよう!
記録されたtalkは次回からランダム検索に出てこなくなります。

コメント

コメントを残すには、サインインが必要です。
ayamint ayamint
ぷは!かしこい(話し方)だな。かわいいわ。
2012/03/28 22:06:32

メリンダ・フレンチ・ゲイツ:NGOがコカコーラから学べること
16:28 Posted: Oct 20 TEDxChange

現場の状況を理解したマーケティングと流通業者のグローバルネットワークを築き、どんな僻地の村でもコーラの需要があり購入可能にしているコカコーラ。そんなコカコーラのような企業をNGOは見習うべきだとTEDxChangeでメリンダ・ゲイツが挑発的な議論を展開します。そしてこのやり方はコンドーム、公衆衛生、予防接種などでも利用されるべきではないのか?と問います。 

ダイアナ・ローファンバーグ「失敗に学ぶ」
10:05 Posted: Dec 20 TEDxMidAtlantic

ダイアナ・ローファンバーグが、失敗に学ぶ重要な洞察を交え、彼女が教育について学んだ三つのことをお話します。 

5百万冊の本から学んだこと
14:08 Posted: Sep 20 TEDxBoston 2011

Google LabsのNgram Viewerをいじってみたことはありますか? 何世紀にも渡って書かれてきた5百万という本のデータベースの中から言葉やアイデアを探せるやみつきになるツールです。エレズ・リーバーマン・エイデンとジャン・バプティスト・ミシェルがその仕組みと、5千億語のデータが教えてくれるちょっと驚くようなことを見せてくれます。 

アニー・マーフィー・ポール:私たちが生まれてくる前に学ぶこと
16:46 Posted: Nov 20 TEDGlobal 2011

クイズです:人間はいつから学習し始めますか?答えは、私たちが生まれる前からです。サイエンスライターのアニー・マーフィー・ポールが、母国語の学習から私たちが将来好きになる食べ物の味の学習まで、母胎の中で行なわれる胎児の学習の新発見について、お話します。 

ダフニー・コラー 「オンライン教育が教えてくれること」
20:40 Posted:Aug2012 TEDGlobal 2012

ダフニー・コラーは最も好奇心をそそる授業を無料でネットに公開するようトップクラスの大学を口説いています。単にサービスを提供するというだけでなく、それは人がいかに学ぶかを研究できる機会を与えます。キー入力、確認クイズ、フォーラムでの学生同士の議論、自己採点の宿題の1つひとつから、知識がいかに処理され、さらには吸収されるのかを示す、かつてないデータを収集できるのです。 

フェイス・ジェゲディ 「自閉症の弟たちから学んだこと」
05:20 Posted:Nov2012 TED@London

フェイス・ジェゲディは、二人の弟と共に育ったという感動的で面白い話を語ります。どちらの弟も自閉症であり、そして非凡です。TED Talent Searchでのこのトークは、私たちに「普通」であることを超えた人生を追求する重要性を再認識させてくれます。 

ジェーン・グドール: 類人猿とヒトを分かつもの
27:25 Posted: Apr 20 TED2002

ミッシングリンクの解明には至っていませんが、霊長類学者ジェーン・グドールの功績は高く評価されています。彼女は人間と類人猿の唯一の違いは、我々の高度な「ことば」であると言い、世界を変えるためのツールとしてことばを使うことを力説しています。 



« 前へ

デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」
03:09 Posted: Apr 20 TED2010

デレク・シヴァーズが、ある驚くべき映像の助けを借りながら、社会的な運動というものが実際にはどのように起きるものであるかを解説しています。(ヒント: 2人必要。) 

次へ »

エリザベス・ピザーニ:セックス、ドラッグ、HIV―合理的に行きましょう
19:14 Posted: Apr 20 TED2010

裏付けとなる論理、機知に富んだ話、そして「公衆衛生オタク」の眼鏡を装備して、エリザベス・ピザーニが、税金によってHIVの拡大に効果的に立ち向かうことを妨げる、今日の政治システムにおける無数の矛盾を明らかにします。刑務所の麻薬中毒者からカンボジアの路上のセックスワーカーまで、リスクの高い状況にある人々に関する彼女の研究によって、時には直感に反した手段が深刻な病の拡大を食い止めることができるということが証明されます。 

looshoot.com