ダニエル・スアレース: 人殺しの決定をロボットに任せてはいけない

原題:Daniel Suarez: The kill decision shouldn't belong to a robot
http://www.ted.com/talks/lang/ja/daniel_suarez_the_kill_decision_shouldn_t_belong_to_a_robot.html

size :             
ダニエル・スアレースが普段小説家として描き出しているのは悲観的未来像ですが、TEDGlobalのステージで彼が語るのは私達がもっと知らなければならない現実のシナリオ、自律的ロボット兵器の台頭です。最新鋭のドローン、自動兵器、人工知能搭載の諜報ツールなどが、人の手を離れて自ら決断を下す可能性を彼は示しています。
サインインして、このTalkを見たことを記録しよう!
記録されたtalkは次回からランダム検索に出てこなくなります。

コメント

コメントを残すには、サインインが必要です。
tossact toss
思ったよりマズいことになりそう。
2013/10/13 12:55:34

ケラー・リナウド 「あなたの携帯をパーソナル・ロボットに変える発明」
05:50 Posted:Apr2013 TED2013

あなたのスマート・フォンは、お友だちのように感じられるかもしれないけど、本当の友だちなら、時々微笑みかけてくれなきゃ。TED 2013で、ケラー・リナウドがRomoというスマート・フォンで動くミニ・ロボットを披露します。そのロボットは、あなたが歩くと一緒に動き、コーヒーを取ってくれ、プログラムもできる表情で、あなたに応えてくれます。 

ミゲル・ニコレリス: 念じるだけで ロボットを操作した猿
14:55 Posted:Feb2013 TEDMED 2012

体を一切動かさずに念じるだけで機械を操作できるでしょうか? ミゲル・ミコレリスは、アメリカにいる賢い猿が念じるだけでコンピュータ上のアバター(分身)を操作したり、日本にいるロボットを操作できたりという驚くべき実験について語りました。 この研究は 四肢麻痺の患者にもおそらく私たち全員にとっても大変意味のあるものです。 (TED MED 2012 ) 

「現在の自分」と「未来の自分」との戦い
15:59 Posted:Dec2011 TEDSalon NY2011

日々私たちは物事を選択、決定していますが、それが未来の自分に良い影響を及ぼすこともあれば悪影響をもたらすこともあります。ダニエル=ゴールドステインは、長期的に未来を想像しやすくする選択ツールを作り出しました。これで私たちは未来の自身にとってより賢明な選択をしていくことができるのです。 

鳥のように飛行するロボット
06:19 Posted: Jul 20 TEDGlobal 2011

飛ぶロボットは数多くあります。しかし本物の鳥のように飛行するロボットはありませんでした。マルクス・フィッシャーと彼のチームが セグロカモメをモデルにして作り上げたこの軽量大型ロボット--SmartBird(賢い鳥)は、翼を羽ばたかせて飛行します。TEDGlobal 2011より飛行デモをお送りします。 

ダニエル・タメット:異なる認識の仕方
10:53 Posted: Jun 20 TED2011

ダニエル・タメットには言語・数値・視覚的な共感覚能力があります。つまり、彼の言葉・数字・色彩に対する知覚は、完全に違った形で世界を感じて理解する組み合わせなのです。「ぼくには数字が風景に見える」の著者であるタメットが自分の絵や言語に対する思いを語り、その並外れた意識を垣間見せます。 

デニス・ホン 「私の7つのロボットたち」
15:55 Posted: Apr 20 TEDxNASA

TEDxNASAでデニス・ホンが、数々の受賞歴を誇る7つの全地形対応ロボットを紹介します。サッカーをするヒューマノイド型のDARwInや崖を這い上るCLIMBeRなど、バージニア工科大学のRoMeLaのチームにより作られたロボットたちです。講演の最後に、ラボの目覚ましい技術的成功をもたらしている創造性の5つの秘訣が明らかにされます。 

ダニエル・カーネマン: 経験と記憶の謎
20:06 Posted: Mar 20 TED2010

ノーベル賞受賞者であり、行動経済学をつくり上げたダニエル・カーネマンが、休暇や大腸内視鏡検査の例を交えながら、「経験の自己」と「記憶の自己」の幸福の捉え方の違いを語ります。この識見は、経済や公共政策、我々の自己意識と密接な関係をもち、意味深いものです。 



« 前へ

カミール・シーマン: 嵐を追いかけて
03:26 Posted:Jun2013 TED2013

写真家のカミール・シーマンは嵐を追うようになって5年になります。この講演で彼女は激動する空の圧倒的で不思議な写真をお目にかけます。 

次へ »

ジェセフ・キム 「北朝鮮の失った家族と新たに恵まれた家族」
21:23 Posted:Jun2013 TEDGlobal 2013

脱北者で現在は米国に住むジョセフ・キムが、北朝鮮で自ら経験した大飢饉について語ります。彼は新しい人生を歩み始めていますが、失った家族の捜索は、まだ終わることがありません。 

looshoot.com