セルゲイ・ブリン: なぜグーグル・グラスなのか?

原題:Sergey Brin: Why Google Glass?
http://www.ted.com/talks/lang/ja/sergey_brin_why_google_glass.html

size :             
なぜグーグルのセルゲイ・ブリンと彼のチームは、グラスというコードネームがついたヘッドマウント式のカメラ兼コンピュータを作りたかったのでしょうか?このトークでは、デモンストレーションではなく、その哲学について語られます。TED2013のステージで、ブリンは、スクリーンを覗き込むのではなく顔を上げて世界と向き合うという、モバイル・コンピュータを使った新たな関係性のあり方を提唱したのです。
サインインして、このTalkを見たことを記録しよう!
記録されたtalkは次回からランダム検索に出てこなくなります。

コメント

コメントを残すには、サインインが必要です。

セルゲイ・ブリンとラリー・ペイジ:Googleについて
20:33 Posted: May 20 TED2004

Googleの共同創始者であるセルゲイ・ブリンとラリー・ペイジがGoogle検索シス テムの裏側を紹介してくれます。世界各地の検索状況、Google Foundationによる慈善活動、そしてイノベーションとユニークな職場環境など、Googleの体制についてお話します。 

チャディー・メン・タン: Googleには毎日思いやりがある
14:08 Posted: Apr 20 TEDPrize@UN

Googleの「陽気な善人」、チャディー・メン・タンが、Googleが日常業務や冒険的なプロジェクトにおいて思いやりをどのように実践しているかについて語ります。 



« 前へ

ジュディ・マクドナルド・ジョンストン 「人生で良い終わりを迎えるためにするべきこと」
06:03 Posted:May2013 TED2013

死について考えるのは恐ろしいことです。でも、前もって計画をしておくことは現実的で、最期の日々を穏やかな気持ちで過ごせるようになります。厳粛で、思慮に満ちた話で、ジュディ・マクドナルド・ジョンストンは、人生の良い終わりを迎えるために 実践するべき5つのことを紹介します。 

次へ »

フィル・ハンセン 「震えを受け入れる」
10:01 Posted:May2013 TED2013

フィル・ハンセンは美術学校時代、激しい手の震えに襲われ、大好きだった点描画が描けなくなりました。完全に打ちのめされた彼は、目標を見失います。立ち直るきっかけは神経科の医師のこんな単純なアドバイスでした。「限界を受け入れなさい・・・そして乗り越えなさい。」 

looshoot.com