エリック・ブリニョルフソン: 成長のための鍵は何?機械との競争

原題:Erik Brynjolfsson: The key to growth? Race with the machines
http://www.ted.com/talks/lang/ja/erik_brynjolfsson_the_key_to_growth_race_em_with_em_the_machines.html

size :             
機械がますます多くの仕事を奪う中で、失業したりいつまでも賃金が増えないという人が増えています。もはや成長が止まったということなのでしょうか?エリック・ブリニョルフソンはそうではない、これは根本的な経済再編のための成長の痛みなのであると言います。コンピューターをチームメートにできると、なぜ大きな革新を迎えられるのか。惹きつけられる事例を用いて語ります。 ロバート・ゴードンによる反対意見と合わせてご覧ください。
サインインして、このTalkを見たことを記録しよう!
記録されたtalkは次回からランダム検索に出てこなくなります。

コメント

コメントを残すには、サインインが必要です。

二人の若き科学者、バクテリアでプラスチックを分解
09:20 Posted:Jul2013 TED2013

プラスチックは、ひとたび作られると、(ほぼ)なくなることはありません。高校3年のとき、ミランダ・ワンとジニー・ヤオは新しいバクテリアを探す旅に出ます。プラスチックを生分解する、正確には、有害な可塑剤であるフタル酸エステル類を分解するバクテリアです。二人が見つけた答えは、ビックリするくらい身近なところにありました。 

サンジェイ・ダストゥア: 「原付スケートボード」
04:20 Posted:Apr2013 TED2013

通勤に使える電動の乗り物を思い浮かべてください。素早く、渋滞に患わされることなく、ガソリンも必要ない。しかも手で持ち運べる。そう、この原動機付きのスケードボードは、朝の通勤の模様を一変させるかもしれません。 

シャオラン・シュエ:「漢字の読み方はこんなに簡単!」
06:10 Posted:May2013 TED2013

外国人にとって、中国語を話せるようになるのは非常に困難ですが、中国語の美しく、時に複雑な文字の読み方を学ぶのはそれほど難しくありません。シャオランは、簡単なレッスンを通じて、漢字とその意味の背景にある考えを理解し、簡単な文字から、より複雑な概念を組み立てていく方法を教えます。Chineasy とでも呼びましょう。  

リチャード・トゥレレ: ライオンとの平和を生んだ僕の発明
07:20 Posted:Mar2013 TED2013

マサイ族のコミュニティーに暮らす13歳のリチャード・トゥレレにとって、家畜は大切な動物です。ところが、ライオンが頻繁に家畜を襲い始めました。短い感動的な話の中で、若い発明家はライオンを優しく追い払う太陽光発電を使った永続的な解決策を紹介します。 

カタリナ・モタ: スマート素材で遊んでみよう
09:55 Posted:Mar2013 TEDGlobal 2012

電気を通すインク、スイッチ一つで不透明になる窓、音楽を奏でるゼリー。こんな製品が本当にあります。カタリナ・モタは、これで遊んでみようと語りかけます。彼女は意外でクールな新しい素材を紹介し、その素材が何に使えるかは、実験やいじってみること、そして楽しむことで見つけることができると提案します。 

ジェニファー・グランホルム「クリーン・エネルギー計画 -- トップへの競争」
12:41 Posted:Feb2013 TED2013

TED2013のオープニング・スピーカーを務めた ジェニファー・グランホルムは、アメリカの直面する疑問について話します。どうすれば雇用を増やせるのでしょう?この世界の関わる問題に対する彼女の計画は 新しい代替エネルギーへの投資です。でもそんなことが 対立の続く議会の関与あるなしにかかわらず、実現できるのでしょうか? 

ミゲル・ニコレリス: 念じるだけで ロボットを操作した猿
14:55 Posted:Feb2013 TEDMED 2012

体を一切動かさずに念じるだけで機械を操作できるでしょうか? ミゲル・ミコレリスは、アメリカにいる賢い猿が念じるだけでコンピュータ上のアバター(分身)を操作したり、日本にいるロボットを操作できたりという驚くべき実験について語りました。 この研究は 四肢麻痺の患者にもおそらく私たち全員にとっても大変意味のあるものです。 (TED MED 2012 ) 



« 前へ

ジョン・マクホーター 「テキスト・メッセージが言語を殺す (なんてね!)」
13:48 Posted:Apr2013 TED2013

テキスト・メッセージのせいで書く技能は衰退するでしょうか。ジョン・マクホーターの考えでは、テキスト・メッセージは私達が思う以上に大きな言語的、文化的な意味をもっています。そして、それは良いことだというのです。 

次へ »

リウ・ボーリン 「見えない男」
07:46 Posted:May2013 TED2013

「見慣れた場所で、人が見えなくなることなどあるだろうか?」 リウ・ボーリンの素晴しい作品は、こんな疑問を投げかけているように思えます。彼は北京在住の芸術家で、「見えない男」と呼ばれます。彼は、ほとんどの作品で真ん中の手前側にいますが、まったく見えないのです。背景に溶け込むことで、彼は社会的、政治的問題への関心を呼び起こそうとしているのです。 

looshoot.com