ケラー・リナウド 「あなたの携帯をパーソナル・ロボットに変える発明」

原題:Keller Rinaudo: A mini robot -- powered by your phone
http://www.ted.com/talks/lang/ja/keller_rinaudo_a_mini_robot_powered_by_your_phone.html

size :             
あなたのスマート・フォンは、お友だちのように感じられるかもしれないけど、本当の友だちなら、時々微笑みかけてくれなきゃ。TED 2013で、ケラー・リナウドがRomoというスマート・フォンで動くミニ・ロボットを披露します。そのロボットは、あなたが歩くと一緒に動き、コーヒーを取ってくれ、プログラムもできる表情で、あなたに応えてくれます。
サインインして、このTalkを見たことを記録しよう!
記録されたtalkは次回からランダム検索に出てこなくなります。

コメント

コメントを残すには、サインインが必要です。

マルテ・スピッツ「あなたの携帯会社は見張っている」
09:56 Posted:Jul2012 TEDGlobal 2012

あなたの携帯会社は使用者のどんな情報を収集しているのでしょうか?マルテ・スピッツが彼の契約しているドイツの携帯会社に対して自身に関する情報の開示を要求した時は、情報収集についてそれほど心配はしてませんでした。数回に渡って要求が無視され、訴訟を経て、スピッツは35,830行に渡るデータを受け取りました。このデータはほぼ一分単位で更新されている彼の人生の6ヶ月を映し出すものでした。 

デイビッド・アンダーソン:あなたの脳はただの化学物質の袋ではない
15:25 Posted:Mar2013 TEDxCaltech

現代の精神治療薬は脳全体に影響を与えてしまいます。しかし神経生物学者のデイビッド・アンダーソンは脳がどのように機能するかという微妙な差異に着目しました。今日彼が発表するのは、効果が高く、そして副作用も回避できる精神病の投薬治療法へとつながる新しい研究結果です。彼は何をしたのか?まず、大量のハエを怒らせるところから始めました。(TEDxCaltech) 

フアン・エンリケス: タトゥーのように残るあなたのオンラインライフ
05:57 Posted:May2013 TED2013

もしアンディ・ウォーホルが間違えていて、私たちは生涯で15分間有名になる代わりに、15分しか匿名になれないとしたらどうでしょう?この短いトークで、フアン・エンリケスは個人のプライバシーをデジタルのメディアにシェアすると、驚くほど永続的に記録されてしまう実態について語ります。私たちがどのように「電子タトゥー」に対処すべきか、古代ギリシアの神話を交えて紹介します。  

ブルース・ファイラー: 家族のためのアジャイルプログラミング
18:00 Posted:Feb2013 TEDSalon NY2013

ブルース・ファイラーは、革命的なアイディアを持っています:近代の家庭生活におけるストレスに対処するには「アジャイル(=機敏さ)」が大切だと。ソフトウェア開発における「アジャイルソフトウェアプロプラミング」に発想を得たファイラーは、フレキシビリティ(柔軟性)、アイディアのボトムアップ、絶え間ないフィードバック、責任感を持つことを、家庭で実践し、その体験をみなさんにご紹介します。見どころは、「子ども達が自分でお仕置きを決める」ところです。今までにない、斬新なアイディアをお楽しみください。 

ミゲル・ニコレリス: 念じるだけで ロボットを操作した猿
14:55 Posted:Feb2013 TEDMED 2012

体を一切動かさずに念じるだけで機械を操作できるでしょうか? ミゲル・ミコレリスは、アメリカにいる賢い猿が念じるだけでコンピュータ上のアバター(分身)を操作したり、日本にいるロボットを操作できたりという驚くべき実験について語りました。 この研究は 四肢麻痺の患者にもおそらく私たち全員にとっても大変意味のあるものです。 (TED MED 2012 ) 

キース・チェン:言語が貯蓄能力に与える影響
12:13 Posted:Feb2013 TEDGlobal 2012

経済学者が言語学の分野から学べることとは?行動経済学者キース・チェンが自身の研究から見出した興味深いパターンを紹介します。未来の概念のない言語("It will rain tomorrow" ではなく "It rain tomorrow" が許容される言語)と高い貯蓄率の間には強い相関関係があるのです。 

リー・クローニン: 自分専用の薬を印刷しよう
03:06 Posted:Feb2013 TEDGlobal 2012

化学者リー・クローニンは、物体ではなく、分子を印刷することができる3Dプリンターの開発に取り組んでいます。これが応用できれば将来は化学物質をインクとして自分専用の薬を印刷するという驚くべき可能性も期待できそうです。 



« 前へ

スカイラー・ティビッツ: 世界を変える4Dプリンティング
08:22 Posted:Apr2013 TED2013

3Dプリンティングは1970年代後半から高度化してきました。TEDフェローであるスカイラー・ティビッツは、4つ目の次元として時間軸を加えた4Dプリンティングという次世代技術を開発しています。この新技術により、時間とともに自分で形を変えたり、自己組織化するような物体をプリントできるようになります。目の前で折り畳まれる立方体や、需要を理解し伸縮する水道管を想像してみて下さい。 

次へ »

フリーマン・ラバウスキー:大学が科学で成果を上げるための4つの柱
15:10 Posted:Apr2013 TED2013

12歳にしてマーチン・ルーサー・キング牧師とデモ行進に参加したフリーマン・ラバウスキーは、今や メリーランド大学ボルティモア・カウンティー校(UMBC)の学長です。この学校で彼は、アフリカ系アメリカ人、 ラテン系アメリカ人、あるいは低所得者層出身の学生などの、少数派学生が 理数系分野の学位を取得するための環境作りに取り組んでいます。このスピーチでは、UMBCの取り組みの中心に据えている4つの柱について語ってくれています。 

looshoot.com