スコット・フレイザー:なぜ目撃証言はあてにならないか

原題:Scott Fraser: Why eyewitnesses get it wrong
http://www.ted.com/talks/lang/ja/scott_fraser_the_problem_with_eyewitness_testimony.html

size :             
スコット・フレイザーは人間が犯罪をどう記憶するのか、そして事件についての目撃証言をしうるかについて研究をしています。夕暮れ時に起こったある銃撃死亡事件を事例に、たとえ至近距離からの目撃であっても、人間の脳は空白を嫌うが故に、見てもいない「記憶」を造りあげてしまうという事実を力強く語ります。
サインインして、このTalkを見たことを記録しよう!
記録されたtalkは次回からランダム検索に出てこなくなります。

コメント

コメントを残すには、サインインが必要です。
tossact toss
事実と記憶の差が著しくて恐ろしい
2013/11/23 11:19:31

ジェシカ・グリーン「微生物を正しく取り除くために」
05:25 Posted: Aug 20 TEDGlobal 2011

病院の中では外気を遮断するべきなのでしょうか?生態学者でTEDフェローでもあるジェシカ・グリーンは、機械式の換気は多くの種類の微生物を取り除いているけれど、フィルタリングの方法が間違っていると言います。取り除かれずに病院の中に入ってきた微生物の方が、ずっと病原体になる危険性が高いのです。 

キャサリン・シュルツ: 間違えるという事
17:51 Posted: Apr 20 TED2011

多くの人々は、間違いを避けようとします。でも、それ自体が間違いだとしたら?“間違い主義者”のキャサリン・シュルツが、人間の持つ、間違いをしがちな性質を受容するための事例をご紹介します。 

バーク・ベア「僕たちの食料システムが何かおかしいよ」
05:14 Posted: Nov 20 TEDxNextGenerationAs

11歳のバーク・ベアが我々の食糧の主要な生産元である、人里離れた美しとは言いがたい産業化された農場に対する彼のアプローチを紹介します。食料の生産の緑化と地方化を説き、農場が人目から隔離されることによる楽観的超現実的な大型農業が促進されている問題点を主張します。 

ブライアン・コックス:LHCの失敗の原因について
03:29 Posted: May 20 TED2009

TED U 2009で行われたショート・スピーチにおいて、ブライアン・コックスはCERNの超衝突型加速器の最新情報を伝えている。現在行われている修理作業、今までに行われた中で最大規模の科学実験によってなにがもたらされるのかを語る。 

マーク・ビットマン 「我々の食料に関する課題」
20:08 Posted: May 20 EG 2007

ニュユーク・タイムズ紙の料理記者のマーク・ビットマンは現代の我々が求める食べ物における問題について主張する。「肉を食べすぎ、野菜を充分に摂取していない・ファストフードをいっぱい食べている反面、家庭調理が少なくなった」という現在の習慣は地球に危機状態をもたらしていくという結論に達する情熱とユーモアに富んだ話。 



« 前へ

ケント・ラーソン:より多くの人が都市に居住するための優れたデザイン
16:41 Posted:Sep2012 TEDxBoston 2012

どうすればもっと多くの人々が過密にならずに、都市で暮らすことができるでしょうか。。ケント・ラーソンは、折り畳み式の車、間取りが簡単に変更できるアパートや、その他の発明を紹介しながら、未来の都市がまるで昔の小さな村のように機能する様子を語ります。 

次へ »

ジョナサン・トレント「次世代バイオ燃料生産: 海に浮かべる 藻のゆりかご」
14:45 Posted:Sep2012 TEDGlobal 2012

化石燃料の代替となる燃料の開発に向け、ジョナサン・トレント は都市部からの排水を栄養源とする微細藻類から 次世代バイオ燃料を得るプロジェクトに取り組んでいます。今回の講演では 彼が率いるプロジェクトOMEGA(海上藻類養殖用膜質容器)の大胆なビジョンと、これを新しいエネルギー源として普及させるための可能性についてお話します。 

looshoot.com