event : TED2011

デイモン・ホロヴィッツ「刑務所の哲学」
03:50 Posted: Nov 20 TED2011

デイモン・ホロヴィッツはPrison University Project(刑務所内大学プロジェクト)を通じて、サン・クエンティン州立刑務所の在監者に高等教育水準の哲学の授業を提供しています。この短くも力強いTalkの中で善悪との遭遇について語ります。 

グラハム・ヒル「ものは少なく、幸せは多めに」
05:49 Posted: Oct 20 TED2011

作家でありデザイナーのグラハム・ヒルが問います「モノやスペースを制限することは、幸せを増幅させるだろうか?」スペースを節約し、あなたの人生をコンパクトに編集する3つのルールをご紹介します。 

サニー・ブラウン 「落書きする人、集まれ!」
05:50 Posted: Sep 20 TED2011

研究によると、スケッチや落書きは私たちの理解力や独創的な思考力を高めることが示されています。ではなぜ私たちは未だに会議中に落書きしているのを見られると恥ずかしく思うのでしょうか? サニー・ブラウンは「落書きする人、集まれ!」のかけ声の元、紙とペンで頭は活性化できると主張しています。 

ケイト・ハートマン 「身に着けられる情報伝達の芸術」
09:05 Posted: Sep 20 TED2011

芸術家ケイト・ハートマンは装着型電子工学を使って人間同士での情報伝達の方法、そして人間と世界との情報伝達の方法を探究しています。気まぐれで示唆に富む話の中で、ハートマンは「自分と話す帽子」「エアーハート」「氷河抱擁スーツ」など予測不可能な器具を紹介します。 

スカイラー・ティビッツ:自己構築する物をつくる事は可能か?
06:04 Posted: Sep 20 TED2011

MIT研究者のスカイラー・ティビッツは自己組織化と呼ばれる、DNA鎖が自身を結合するように、何かをつくる(椅子や、超高層ビル)代わりに物が自身をつくるというアイディアに取り組んでいます。これは初期段階における大きなコンセプトです。ティビッツは3つの研究室内のプロジェクトを通して自己組織化の未来の展望を紹介します。 

フィリップ・ジンバルド 「男の消滅?」
04:46 Posted: Aug 20 TED2011

心理学者フィリップ・ジンバルドは問いかけます。「なぜ男子は苦労しているのか?」 彼はいくつかの統計(女子より低い卒業率、社交性や人間関係についての心配事)を見せてその理由を述べます。そして、あなたの助けを求めています!この話を聞いた後に、以下のURLで10個ほどの質問に答えていただきたいです。http://on.ted.com/PZSurvey 

ニーナ・タンドン「人工生体組織の育て方」
04:13 Posted: Jul 20 TED2011

生体組織工学研究者であり、TEDフェローでもあるニーナ・タンドンは、心臓や骨を人工的に培養しています。そのためには人工細胞培養のための新しい方法が必要でした。自然環境をまねて開発した、シンプルながら強力な技法です。 

ネイサン・ミアボルド:前代未聞の料理
10:05 Posted: Jul 20 TED2011

料理本著者(料理本オタク)のネイサン・ミアボルドは自身の研究テーマ「現代の料理」について話をします。その中で素敵な図説(料理真っ最中の食べ物の横断面図)の秘密を明かします。 

マット・カッツの30日間チャレンジ
03:27 Posted: Jul 20 TED2011

ずっとするつもりでいたこと、したいと思っていたことなのに、なかなかやれないでいることはありませんか? マット・カッツは試しに30日間だけやってみてはと言います。この短い軽妙な講演では、目標の設定と達成について考えるための素敵な方法が提案されています。 

ロバート・ハモンド「空中庭園の設立」
05:41 Posted: Jun 20 TED2011

ニューヨークのマンハッタンにある使用されなくなっていたハイラインと呼ばれる高架鉄道の取り壊し計画に対して、ロバート・ハモンドと彼の友人数名はある提案をしました。「これを庭園にするのはどうだろうか?」ロバートが、この提案がどのように地域の文化的活性化を実現したのかを語ります。 

ダニエル・タメット:異なる認識の仕方
10:53 Posted: Jun 20 TED2011

ダニエル・タメットには言語・数値・視覚的な共感覚能力があります。つまり、彼の言葉・数字・色彩に対する知覚は、完全に違った形で世界を感じて理解する組み合わせなのです。「ぼくには数字が風景に見える」の著者であるタメットが自分の絵や言語に対する思いを語り、その並外れた意識を垣間見せます。 

ビル・フォード/交通渋滞の無い世界
16:48 Posted: Jun 20 TED2011

ビル・フォードは車を愛しています。曾祖父がヘンリー・フォードであり自身もフォード社で育ったのですから。だからこそ彼の環境問題や世界的に増えつつある交通渋滞についての認識は傾聴に値します。彼のビジョンは「賢い道路」に留まらず環境に優しい「賢い交通機関」にまで及びます。 

8人のマヤ・バイザーによるチェロ合奏
20:09 Posted: Jun 20 TED2011

チェリストのマヤ・バイザーが、彼女自身の7人の分身たちとともに8声からなる見事な現代的練習曲を演奏し、ついで瞑想的な音楽と映像のハイブリッドへと移行して、テクノロジーによって力強い音の際限のない可能性を作り出します。曲はスティーヴ・ライヒの「チェロ・カウンターポイント」をビル・モリソンの映像で、デヴィッド・ラングの「ワールド・トゥ・カム」をイリット・バツリーの映像でご覧いただきます。 

カミール・シーマン「心に焼きつく氷山の写真」
04:11 Posted: Jun 20 TED2011

写真家のカミール・シーマンが、撮影した氷山の写真を通して、この太古の巨大な氷の塊が持つ複雑な美しさについて語ります。彼女の写真のスライドショー「最後の氷山」へ、ようこそ。 

JD・シュラム:自殺未遂者の沈黙を破る
04:14 Posted: Jun 20 TED2011

外見上は問題のない人生のように見えても、静かなる精神的な苦痛を抱えて、自らの人生を終わらせようと決断してしまう人々がいます。TEDYouでは、JD・シュラムが自殺や自殺未遂における沈黙を破ることを求めると共に、死から逃れて人生を取り戻そうとしている人々が大いに必要としている支援体制の設立を提案します。 支援体制へのリンク:http://t.co/wsNrY9C 

ポール・ローマー: 世界初のチャーター都市
09:13 Posted: Jun 20 TED2011

去る 2009 年に、ポール・ローマーは「チャーター都市」というアイデアを発表しました。それは民主主義と貿易を重んじるルールを定めた都市です。今年の TED2011 では、先の TEDTalk をきっかけに正に今、ホンジュラスで世界初のチャーター都市が出来ようとしているその物語について講演してくれます。 

ジャネット・エシェルマン「想像力を真剣に捉えよう」
09:26 Posted: Jun 20 TED2011

ジャネット・エシェルマンが芸術家として真の表現力を発見したのは、彼女の絵画が紛失したために未知の素材を芸術に転用することをを余儀なくされた時でした。現在 彼女は、異端な手法で流動的に風にそよぐ超巨大作品を手がけています。純粋な独創性について10分間でお話しします。 

ジャック・ホーナー:鶏から恐竜を生み出す
16:36 Posted: Jun 20 TED2011

著名な古生物学者のジャック・ホーナーは、彼のキャリアの中で恐竜の復元を課題としてきました。化石から完全なDNAを見つけ出すことはできていないものの、素晴らしい保存状態の血管や組織を採取できる化石を発見しました。新たなアプローチとして、現代に生きる恐竜の子孫−鳥類−に焦点をあて、「チキノザウルス(鶏から再現された恐竜)」の実現に向け遺伝子工学を用いて、歯、尻尾や手などの祖先の特徴的な痕跡の復元を目指しています。 

ジェシー・アーリントン: 新しくないものを着ること
05:24 Posted: Jun 20 TED2011

デザイナーのジェシー・アーリントンがTEDに参加する際に持ってきたスーツケースの中身は7枚の下着だけ。他に必要なものはロサンゼルスにある古着屋で購入しました。色と創造力の虹につつまれた講演は、思い入れをもって買い物をすることついて考えさせられる内容です。 

アーロン・オコンネル:目に見える量子物体を理解する
07:51 Posted: Jun 20 TED2011

物理学者は素粒子が通常の物体とは全く異なり、奇抜な量子力学の法則に従って振る舞うという考えに慣れています。アーロン・オコンネルは画期的な実験によって、肉眼で確認ができ、二つの場所に同時に存在することが実証可能な物体を作り、そのような区別を曖昧にさせました。本トークではその結果に対して興味深い考察を紹介します。 

looshoot.com